アカナドッグフード【評判 評価 口コミ アレルギーが改善?】

アカナドッグフードのモデル人気のドッグフード

ドッグフードのアカナはカナダから来た粒が大きめのドッグフードです。

 

アカナドッグフードオリジン はどちらもカナダのチャンピオンペットフーズ社が販売していますが、オリジンの方が少しだけ知名度が高いです。

 

ちなみにアカナドッグフードはシニア犬パピー用のフードが一番売れています。

 

トイ・プードルなどの子犬で粒の大きさのせいで食いつきが悪い場合は、ドックフードを細かくする市販のフードクラッシャーを利用してください。

 

 

今回はシニア犬のトイ・プードルにアカナのドッグフード食べさせている飼い主さんからお話を聞きました。

 

太りやすい体質で皮膚も弱かったトイ・プードルちゃんはアレルギーや下痢にも困っていたそうです。

 

今回のお話によるとダイエットや体重維持にも効果が期待できそうです。

 

アカナドッグフードに関してはこんな記事も書いています。

 

アカナのドッグフードは種類が多い?【パピーでなく柴犬でもOK?】

 

それではどうなったのか評価やレビューを見ていきましょう。

 

アカナドッグフードの種類

アカナ クラシック

プレイリーポートリー
ワイルドコースト
クラッシックレッド

 

アカナ ヘリテージ

パピースモールブリード
パピー&ジュニア
パピーラージブリード
アダルトスモールブリード
コッブチキン&グリーン
アダルトラージブリード
スポーツ&アジリティ
ライト&フィット
シニアドッグ

 

アカナ レジオナル

ワイルドプレイリー
グラスランド
パシフィカ
ランチランド

 

アカナ シングル

グラスフェッドラム
フリーランダック
ヨークシャーポーク
パシフィックピルチャード

 

大きく分けると上記のように製品が分類されます。

 

アカナのドッグフードの種類は非常に多いため選び方が難しいです。

 

アカナドッグフードの原材料や成分

原材料

新鮮鶏肉(8%)、新鮮七面鳥肉(8%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (8%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、鶏脂肪(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (3%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、日干しアルファルファ、タラ油(2%)、レンズ豆繊維、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、塩、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

 

添加栄養素(1kg中):天然濃厚トコフェロール:ビタミンE:100IU,アミノ酸水和物亜鉛キレート:100mg,アミノ酸水和物銅キレート:10mg
畜産学的添加物: 腸球菌フェシウム

 

例) アカナ ワイルドプレイリードッグ

 

成分

たんぱく質 35.0% 以上
脂肪 17.0% 以上
繊維 6.0% 以下
灰分 7.0% 以下
水分 12.0% 以下
カルシウム / リン 1.5% / 1.1% 以上
オメガ6 / オメガ3 2.6% / 0.9% 以上
グルコサミン 700mg/kg 以上
コンドロイチン 1,500mg/kg 以上

 

例) アカナ ワイルドプレイリードッグ

 

アカナドッグフードの値段やサイズ量

アカナ レジオナル(犬用)ワイルドプレイリードッグ340g 1,320円(税込)
アカナ レジオナル(犬用)ワイルドプレイリードッグ2kg 6,380円(税込)
アカナ レジオナル(犬用)ワイルドプレイリードッグ6kg 15,400円(税込)
アカナ レジオナル(犬用)ワイルドプレイリードッグ11.4kg 22,000円(税込)

 

アカナドッグフード通販や取扱店

正規販売店で購入する場合は必ず以下のページから注文してください。

 

アカナドッグフード

 

輸入品などの正規品ではない場合がありますが、楽天や Amazon などの通販でも購入することができます。

 

 

アカナドッグフードの評判口コミ(体験談)

犬種

トイ・プードル

 

犬年齢

シニア犬

 

与えているドッグフード

アカナドッグフード レジオナル ワイルドプレイリードッグ

 

ワンちゃんにアカナを選んであげた理由

太りやすい体質で皮膚も弱いので、いつも通っているドッグサロンのトリマーさんに相談した時に薦められて購入しました。

 

それまで獣医さんに薦められたアレルギーや低脂肪などに配慮したフードを数種類試してみましたが、あまり食べてくれませんでした。

 

アカナのフードもどうせ食べないだろうと諦め半分で購入したのですが、ちゃんと食べてくれています。

 

以前はフードとの因果関係は定かではありませんが、下痢をする事がたまにありました。

 

少し身体が痒いような仕草をする事もありました。

 

また動物病院でも太り気味だから気を付けるように指導されていました。

 

アカナのフードを食べるようになったからか体重もギリギリ標準的な値を維持しています。

 

下痢をする事もほとんどありません。

 

後ろ足で身体を掻く仕草も極端に減りました。

 

そして毛艶が良くなった気がします。

 

身体が重そうに散歩していたワンちゃんも今では軽やかな足取りで駆け回っています。

 

この調子で体調、体重を管理していけたらと思っています。

 

他のドッグフードを選ばなかった理由

ワンちゃんを飼い始めた頃は、ドッグフードを食べない事が悩みでした。

 

とにかく食べて欲しいという想いで何種類もスーパーで購入したものでした。

 

しかしどれも食い付きが悪く、食べたとしても下痢をしたり身体を痒がったりと本当にどうしたらいいのだろう?と悩みました。

 

獣医さんに聞いて初めてドッグフードを購入する時に気を付ける事を知りました。

 

それまではどれもさほど変わらないと思っていましたので反省しました。

 

原材料やどこで作られているのか、また脂肪分など気にして購入するようになってからはスーパーで売っているようなフードは買えなくなりました。

 

動物病院推奨のフードを試してみるも、身体に良い事はわかっているのですがあまり食べないのです。

 

今、考えると10種類以上試したと思います。

 

最初から私にドッグフードに関する知識があればワンちゃんも体調を崩したりせずに済んだのではと反省しています。

 

安定したワンちゃんの状態を日々眺めながら、もう他のフードは使わない!と思っています。

 

他のドッグフードと比較した感想

毎日食べる物だから少しでも安い物を!と始めは安易な考えでした。

 

しかし毎日食べる物だからこそ、ちゃんと選んであげなければいけなかったのです。

 

確かに割高です。

 

スーパーで購入できるフードの倍以上の値段ですが、健康な身体を維持する為にはフード選びは本当に大事だと思います。

 

アカナのフードは原材料にとてもこだわっていると聞きます。

 

安心して与えられる物だと思っています。

 

勿論、ワンちゃん自身もそれまでになく喜んで食べてくれますし、体調が良い事が私にとって一番の喜びです。

 

体調を崩したワンちゃんを連れて行った動物病院で獣医さんに言われた一言が今も忘れられません。

 

「ワンちゃんは自分で食べ物を選べないんだからね!」「ワンちゃんの健康は飼い主さんが決めてるようなものだからね!」

 

安さやキャッチコピーに踊らされ、キチンとドッグフード選びをしなかった事を凄く凄く反省した瞬間でした。

 

こんな想いを二度とワンちゃんにさせてはいけない!強く思っています。

 

アカナドッグフードの評価

5段階中の 4.5 で非常に高評価です。

 

 

商品名アカナドッグフード
カロリー385,0kcal/100g
参考価格6,380円(税込)
対応犬種/年齢全犬種/全年齢対応
内容量2kg
生産国カナダ産
総合評価B

 

人気記事 【UMAKAドッグフード】ウマカの評価 口コミ 評判が悪いね?

人気記事 馬肉自然づくり【お試しは?口コミ評価や成分は?カロリーは?】