レガリエドッグフードの口コミ評判は?成分から安全性を評価!

4.0
レガリエドッグフード 国産のドッグフード

レガリエドッグフードの原産国は日本です。オネストフード株式会社は東京の会社でペットフードの企画製造販売をしてます。

 

金沢港の近くにFAMICの基準をクリアした製造工場があります。

 

今回は成犬のトイ・プードルちゃんにレガリエドッグフードを与えている飼い主さんからお話を聞きました。

 

普通は1.7㎏食べきるのに約1か月かかり後半はフードが劣化してしまいます。だからレガリエドッグフードは850g。レガリエドッグフードは愛犬に新鮮で美味しく食べてもらう工夫をしています。

 

さてどうなったのか評価やレビューを見てみましょう。

 

レガリエドッグフードの種類

レガリエドッグフードの種類

レガリエドッグフード【初回500円】

  • 通常5480円
  • 乳酸菌×オリゴ糖を贅沢に配合
  • 28% のタンパク質量
  • グレインフリー
  • ノン オイルコーティング
  • 保存料不使用

 

レガリエドッグフードの原材料と成分

レガリエドッグフードの原材料と成分

レガリエドッグフードの原材料

生肉(鶏肉 (日本)、牛肉 (ニュージーランド、オーストラリア、日本) 、 金沢港の旬の魚 (日本)、鶏レバー (日本)、イモ類 (ジャガイモ (アメリカ)、サツマイモ (日本)、タピオカ澱粉 (タイ)、ココヤシ粉末(フィリピン)、豚油かす(日本)、カツオとマグロの魚粉(日本)、ひよこ豆 (アメリカ)、ひまわり油 (日本)、アルファルファ (アメリカ)、ごま油 (日本)、リンゴ (日本)、トマト (日本)、鶏油(日本)、ミネラル類 (Ca、Zn、Cu) 、乳清 (日本)、脱脂粉乳 (日本)、アミノ酸(タウリン、メチオニン、リジン)、クランベリー (アメリカ)、海草(ノルウェー)、 フラクトオリゴ糖 (日本)、乳酸菌 (日本)、マグロオイル (日本)、ビタミン類 (B1、B2、パントテン酸、B6、B12、ナイアシン、葉酸、E、K)

 

例) レガリエドッグフード

 

レガリエドッグフードの成分

レガリエドッグフード

  • 粗タンパク質・・28%以上
  • 粗脂肪・・10%以上
  • 粗纖維・・3%以下
  • 粗灰分・・7%以下
  • 水分・・10%以下
  • 代謝エネルギー・・・347kcal/100g

 

レガリエドッグフードの値段や量やサイズ

  • 850g 1袋 5,460円(税別)

 

レガリエドッグフードのお試しサンプル試供品

レガリエドッグフード公式サイトならお試しサンプル試供品を【500円】で販売しています。

 

» レガリエドッグフード500円キャンペーン

 

レガリエドッグフードの通販や正規取扱店舗

レガリエドッグフードの公式サイトで購入することができます。

 

残念ながら、楽天やアマゾン(Amazon)などの通販サイトではまだ取扱いがありません。

 

レガリエドッグフードの賞味期限

パッケージに記載、賞味期限は製造から9カ月。開封後は1ヶ月が目安。

 

レガリエドッグフードを解約する方法

カスタマーサポートの電話番号 (お問い合わせ窓口:0345001780) まで連絡するか、マイページから解約を申し出てください。

 

レガリエドッグフードの評判口コミ(体験談)

犬種

トイ・プードル

 

犬年齢

成犬

 

与えているドッグフード

レガリエドッグフード

 

レガリエドッグフードを選んであげた理由

このドッグフードを選んだ理由は、何といっても栄養バランスの良さです。

 

犬の健康な体作りに必要な栄養素が豊富に含まれています。

 

特に、犬にとって大切な体の部分になってくるのが筋肉です。

 

犬は散歩に行くときも、おもちゃで遊ぶ時も、元気いっぱいに走り回りますよね?

 

その筋肉を作るための栄養素が豊富なんです。

 

具体的には、良質な動物性のたんぱく質が豊富に含まれています。

 

ほかにも、エサに含まれている肉や魚がどこからとれたのかがちゃんと明記されているため、エサを選ぶ際にとても安心感がありました。

 

また、添加物が少なく、余計なものが含まれていなというのもこのエサを選んだ理由の一つです。

 

さらに、ペットフードは海外産のものが多い中で、こちらの商品は国産の原材料を多く使用しているという事が選ぶきっかけになりました。

 

エサの価格の内訳を見てみると、輸入コストであったり、販売会社の利益だったりに分けられ、大体の商品は会社の利益や輸入コストに多くの費用を費やしています。

 

しかし、このレガリエドッグフードはエサに含まれている、原材料にコストを多くかけているので、愛犬にも安心して食べさせてあげられると思い、このエサを選びました。

 

他のドッグフードを選ばなかった理由

私が他のドッグフードを選ばなかった理由として、一番は安心して食べさせてあげられると思ったからです。

 

具体的には、この商品はエサに使われている原材料にとてもこだわっているという事です。

 

使用している原材料を見てもらうと分かりますが、すべてにどこ産の物かが記載されています。

 

これは、ペットに与えるエサとして、かなり安心して購入できると思います。

 

例えば「牛肉」一つ見ても、「ニュージーランド」「オーストラリア」「日本」など、複数の産地から仕入れている場合は必ずこのように記載があります。

 

牛肉を例にしてあげましたが、こちらの商品に使用されている原材料は国産が多いです。

 

何と言っても原材料の安心感が、購入するにあたって私にとっては大きかったと思いますね。

 

他にも、こちらの商品はほかのエサと違って、小分けにされているんです。

 

というのも、他のエサだと内容量1.7kg入っているのに対して、こちらの商品は850gと、他のエサに比べて約半分の量で販売されています。

 

これは何故かというと、普通のエサだと1.7kg食べきるのに約1か月かかり後半はエサが劣化してしまうのだそうです。

 

だから、半分の850gの量になっているそうです。

 

このように、犬のことのを考えつくされて作られて販売されているため私はこの商品を選びました。

 

他のドッグフードと比べての感想

私は以前、プロフェッショナルバランスというドッグフードをあげていましたが、大きくなるにつれて段々食いつきが悪くなってきてしまったんです。

 

それに加えて、涙やけが起こり目やにも多く出るようになってしまい、何となく体に合っていないのかなと思うようになっていました。

 

そこで、チュールなどの犬用のおやつをエサに混ぜて与えたりもしていましたが、その時はおいしそうに食べてくれるんですね。

 

しかし、おやつを入れなかったりすると、また少しづつしか食べなくなってしまい、食いつきが悪くなってしましました。

 

そんな中、現在与えている「レガリエ」というエサに出会い、安全で、安心して与えられるという事が決め手となり、購入し愛犬に与えてみました。

 

以前とは違うようにとても食いつきがよく、おやつもいらないくらいバクバク食べてくれました。

 

こうして現在のレガリエドッグフードをずっと愛犬に与えているのですが、他のエサにはない安全と、飼い主もペットも安心して食べられるものがあります。

 

それは、素材にこだわっているという事です。

 

産地をしっかりと記入していることや、内容量を他の商品に比べて少なめに作られていることなど、飼い主もペットも安心して購入、食べられるフードであると思います。

 

レガリエドッグフードの評価

5段階中の 4 で良い評価です。

 

 

» 国産ドッグフードおすすめランキング

 

 

商品名 レガリエドッグフード
カロリー 347kcal/100g
参考価格 54,80 円
対応犬種/年齢 全犬種対応/全年齢対応
内容量 850g
生産国 国産
総合評価 A

 

 

人気記事 【UMAKAドッグフード】ウマカの口コミ評判が悪い?美味華を評価!

人気記事 【ドライフード】国産ドッグフードおすすめランキング【TOP5】