【TOP5】ドッグフードおすすめ人気ランキング外国産【徹底比較】

【TOP5】ドッグフードおすすめ人気ランキング外国産【徹底比較】 人気のドッグフード
ドッグフード研究家
ドッグフード研究家

前回は国産ドッグフードランキングをご紹介しましたが、今回はドッグフードおすすめ人気ランキング外国産をお送ります。徹底比較しているので、この記事を読めば海外産でも安心安全なドッグフードを選ぶことができます。

 

この記事を読むと以下のドッグフードについての感想がよく分かります。今回ご紹介するドッグフードはどれを買っても間違えありませんが、その中でも少しの違いがあります。この違いを徹底比較します。

 

  • オリジンドッグフード【ORIJEN】
  • モグワン
  • ネルソンズドッグフード
  • アカナ
  • ピッコロドッグフード

 

それでは見ていきましょう。

 

外国産ドッグフードを徹底比較する方法

ドッグフードには愛犬の身体の健康維持に優れた素材を使用していることがほとんどですが、中には着色料や保存料や添加物などドッグフードの品質を維持するため本来は不要である原材料がまぜられていることがあります。

 

それでは、どのようなものが不要なのでしょうか?

 

初心者でもすぐにドッグフードの良し悪しを判断できるように以下の表を作成しましたのでご覧ください。

 

 

【危険な化学合成物質】
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、没食酸プロピル、エトキシキン、エリソルビン酸、エリソルビン酸ナトリウム、ソルビン酸K(カリウム)、ポリリジン、安息香酸、安息香酸ナトリウム、亜硝酸Na(ナトリウム)、プロピレングリコール、デヒドロ酢酸ナトリウム、リン酸塩、セレン化合物、ソルビトール、グリシリジン・アンモニエート、グリセリン、pH調整剤、香料、調味料、膨張剤、二酸化チタン、赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色2号、青色102号

 

 

【危険な原材料】
どのような動物・肉を使用しているのか分からないミートミール、フェザーミール、ミートエキス、ミートパウダー、家禽ミート、フィッシュミール、チキンミール、ポークミール、ビーフミール、ササミパウダー、肉類副産物、鶏副産物、魚類副産物、肝臓腺粉、動物性乾燥消化物、鶏肉副産物の消化物、家禽副産物粉、乾燥レバー消化物、魚粉、あらびき粉、肉類、骨粉(ボーンミール)、動物性油脂、獣脂、家畜油脂

 

【安全とは言えない原材料】
小麦、小麦粉、小麦胚芽粉、小麦ふすま、小麦蛋白、トウモロコシ、トウモロコシ粉、コーングルテンミール、コーングルテンフィード、コーンブラン、大豆、大豆ミール(大豆油カス)、大豆粉、脱脂大豆、脱脂米糠、中白糠、パン粉、ホミニーフィード、ふすま、でん粉類、砂糖、糖類、ビートパルプ

 

ドッグフードのパッケージに記載の原材料を確認してみてください。

 

これらを避ければまずは安心安全なドッグフードであると判断できます。

 

なお、当サイトでは現代のドッグフードは『療法食』でない限り、大型犬、中型犬、小型犬、子犬、成犬、シニア犬などの区切りは必要ないと考えています。

 

理由は技術の向上により、全犬種、全年齢対応のドッグフードがたくさん出てきているためです。

 

ひとつだけ気になる点はドッグフード1粒のサイズではないでしょうか。

 

子犬には大粒のドッグフードは向かないでしょう。

 

しかしながら、ここもフードクラッシャーを利用すれば解消される問題のため、当サイトではドッグフード自体の素材の良さを基に全犬種、全年齢に沿うフードを選びました。

 

【TOP5】ドッグフードおすすめ人気ランキング海外版【徹底比較】

第一位 オリジンドッグフード【ORIJEN】オリジナル

オリジンオリジナル

肉食動物の犬には、タンパク質豊富かつ肉の種類が多い食事が最も適しています。 海外でもたくさんのアワードを受賞しているオリジンオリジナルは、フリーレンジ(放し飼い)の鶏や七面鳥、天然の魚、巣にある卵など新鮮食材を使用しています。

 

肉の含有量が85%のドッグフードは他にはありません。

 

» ORIJENドッグフードの詳細へ

 

 

商品名 ORIJENオリジナル
カロリー 394kcal/100g
参考価格 6,000円 (税込6,600円)
対応犬種/年齢 全犬種/全年齢対応
内容量 2kg
生産国 アメリカ産
運営会社 Champion Petfoods
総合評価 S

 

オリジンドッグフード【ORIJEN】オリジナルの原材料

オリジンドッグフードの原材料

鶏肉, 七面鳥肉, イエローテイルカレイ, 全卵, 大西洋サバ, 鶏レバー, 七面鳥レバー, 鶏心臓, 七面鳥心臓新, 大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉, ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレートサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, グリーンピース, シロインゲン豆, 赤レンズ豆, チキンネック, 鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプフリーズドライ 鶏レバーフリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ七面鳥レバー, カボチャ, バターナッツスクワッシュ, ケール, ホウレン草, カラシ菜, コラードグリーン, カブラ菜, ニンジン, リンゴ, 梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

 

オリジンドッグフード【ORIJEN】オリジナルの成分

  • 粗たんぱく質(以上) 38 %
  • 粗脂肪(以上) 18 %
  • 粗繊維(以下) 4 %
  • 水分(以下) 12 %
  • カルシウム(以上) 1.2 %
  • リン(以上) 0.9 %
  • オメガ6脂肪酸(以上) 3.3 %
  • オメガ3脂肪酸(以上) 0.8 %
  • DHA(以上) 0.2 %
  • EPA(以上) 0.2 %
  • グルコサミン(以上) 700 mg/kg
  • コンドロイチン硫酸(以上) 600 mg/kg

 

オリジンドッグフード【ORIJEN】オリジナルの感想【フレンチ・ブルドッグ・成犬】

お値段がめちゃくちゃ高い…と思いながらも友人に勧められて買ってみたら今まで使っていた他社のドッグフードよりも食いつきがよく、食べ残しもしなくなりました

 

このエサに変えるまでは食べ残しをしたりしてたんですが、ドッグフードを変えてからは毎回食事の時に美味しいご飯をもらえるとわかっているのか、ご飯の時間をそわそわと楽しみに待っているようで、いつも喜んで食べているように思えます。

 

またこのエサに変えてからは健康的で毛艶も大変よくなったと思います。

 

体を撫でた時の撫で心地がいいので、ついつい頬を寄せて可愛がりがちになってしまいます。

 

他のエサに比べてお値段はちょっと高めだと思いますが、自分の家族が美味しそうに食事をする姿を見るのは嬉しいので、このエサにしてよかったと思っています。

 

すこし食材のにおいが強いかな?とも思いますが、悪いにおいではなくむしろいい匂いです。

 

また、賞味期限もきっちりと書いてあるので安心して毎日与えられます。

 

オリジンオリジナルに出会うまでは他社のものをいろいろ使っていたのですが、便秘になってうんちがコロコロになったり、主に食べ残しが原因で他の物を選ばざるを得ませんでした。

 

値段がネックで手軽なものを与えがちでしたが、同じ犬種を飼っている友達に『ここの餌がいいよ』と勧められて『高いけど一度試してみようか』と思い毎回食べ残してしまうウチのペットに与えたら、まるでおやつを食べてるかのような反応を示し、残さずにパクパクと美味しそうに食べ始めました。

 

ウチの子は大体初めてのご飯には食いつきがいいので『今回もそんな感じかな』と、その時は思ってたんですが、毎日ご飯をあげる時間になると嬉しそうに足元についてきてそわそわしだし、甘えた声を出してこのオリジンドッグフードを欲しがるのでびっくりしました。

 

同じご飯なのに毎日飽きもせず喜んで食べてくれる姿を見せられたら他社のエサに変えようとも思えず、一度切り替えてから今までずっとORIJENにお世話になっています。

 

あんなにいつも食べ残していたのに毎日こんな姿をみせられたら他のドッグフードにしようとはもう思えません。

 

これからもORIJENを購入し続けます。

 

ORIJENドッグフードの詳細へ

 

第二位 モグワン

モグワン

モグワンはグレインフリーでストレスの無いように育てられたフリーレンジ(平飼い)チキンが主原料。このチキンにはビタミンA、B群、K、またリン、セレンなどが豊富に含まれており相乗効果により高いパフォーマンスが発揮されると獣医師の太鼓判付きドッグフードです。

 

» モグワンの詳細へ

 

 

商品名 モグワン
カロリー 363kcal/100g
参考価格 3,690円(税抜)
対応犬種/年齢 全犬種/全年齢対応
内容量 1.8kg
生産国 イギリス産
運営会社 Laetitien
総合評価

 

モグワンの原材料

チキン&サーモン56% (チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモエンドウ豆レンズ豆ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、ココナッツオイル、バナナ、 リンゴ海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

 

モグワンの成分

  • エネルギー (100gあたり) 363kcal
  • 粗タンパク質 30.00%
  • 脂質 12.00%
  • 粗純維 3.00%
  • 粗灰分 8.00%
  • 水分 8.00%
  • NFE 39.00%
  • オメガ3脂肪酸 1.18%
  • オメガ6脂肪酸 1.63%
  • リン 1.06%
  • カルシウム 1.40%

 

モグワンの感想【トイ・プードル・成犬】

最初は食いつきが良いからと他の安価のドッグフードを与えていましたが、体調が悪くなる事が多く、涙やけや毛並みの質が悪くなっていくのが気になり原因を調べました。

 

調べるとドッグフードが原因かも知れないという情報があったので、与えていたドッグフードの主成分をきちんと確認したところ、よくわからない成分が大量にかかれていました。

 

知り合いに相談したところモグワンを勧められて購入してみる事にしました。

 

愛犬にはやはりなるべく体に良い成分が入っているドッグフードを与えたかったのでモグワンは最適でした。

 

本当は無添加や更に品質にこだわった物も検討しましたが、どれもはやり値段が格段に高いので長く続けるには家計を圧迫してしまうと感じ、安すぎず高すぎずというちょうど手頃なモグワンに行き着きました。

 

モグワンは手頃な価格でありながら原材料は添加物や体に害がありそうな物は含んでおらず、人間も食べられる食材を使っているので安心して与えられると感じます。

 

他のドッグフードは体に害があるものが多いので、犬の安全と安心を考えた時に値段が手頃で続けやすい物を選びました。

 

モグワンは有名なこともあり色々な良い口コミ、悪い口コミと両方ありますが私は良いと感じます。

 

モグワンに変えてから愛犬の体調がすごく良くなりました。

 

以前はお腹を壊すことも多く涙やけや毛並みの質もあまり良くなかったのですが、モグワンに変えてからはそのような事もなくなり喜んで餌を食べるようになりました。

 

原材料は添加物や余計な物は入っておらず、肉や魚もきちんとバランスよく織り交ぜて作られているので栄養が偏ったりする事もないと感じています。

 

犬の体調や体質はドッグフードで変わると本当に感じました。

 

人間も食材によって左右されるので犬にも安心で安全な食材を与えたいと感じました。

 

また定期便にすることで購入し続けると価格がだんだん安くなっていくので長い目で見るとコスパも良く安心して利用できると感じます。

 

私が最初に与えていたドッグフードは『犬がよく食べる!』というキャッチコピーに釣られ買ってしまったので主成分や原材料は全く見ていませんでした。

 

愛犬の体調が悪くなった事で原材料を見るとビックリしました。

 

体に害がありそうなよくわからない成分ばかりがかかれているのを見て、原材料が安心安全なモグワンに切り替えました。

 

やはり特徴としてはエサの食いつき方が格段に違うと感じます。

 

以前のエサは目の前に出してもあまり喜ぶ感じはなく仕方なく食べるといった感じですが、モグワンに変えてからは私がエサ入れに入れている段階から尻尾を振って近づいてきて早く食べたそうにしています。

 

食べるスピードも早くあっという間に完食してくれています。

 

また毛並みの質がみるみる良くなっていく事に驚きました。

 

以前はパサパサして潤いがなかったのですが、ツヤツヤしてきて指通りも良くなりました。

 

気になっていた涙やけも治り頻繁に起こしていた下痢もなくなり毎日快適に過ごせるようになりました。

 

モグワンドッグフードの詳細へ

 

第三位 ネルソンズドッグフード

ネルソンズドッグフード

ネルソンズドッグフード(Nelsons)は、犬の消化に負担がかかる穀物を使わない『グレインフリー』かつ徹底した『お肉主体』のドライフードです。大型犬が餌を飲み込まないようしっかり噛めるように粒サイズを1辺約1cmとした『やや大粒』のため中型、大型犬用のドッグフードです。

 

» ネルソンズドッグフードの詳細へ

 

 

商品名 ネルソンズドッグフード
カロリー 369.4kcal/100g
参考価格 7,800円(税抜)
対応犬種/年齢 全犬種/全年齢対応
内容量 5kg
生産国 イギリス産
運営会社 Laetitien
総合評価 A

 

ネルソンズドッグフードの原材料

チキン50%(乾燥チキン28%、チキン生肉22%)、サツマイモバターナッツスカッシュ、チキンオイル、エンドウ豆、チキングレイビー、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、海藻パウダー、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、ニンジン、パースニップ、リンゴカボチャ、ミドリハッカ、インゲン豆、ブロッコリー、ローズマリー抽出物、パセリ、マリーゴールド、フェンネル、ショウガ、グルコサミン、ユッカ抽出物、クランベリー抽出物、コンドロイチン、ナシ、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、パルミチン酸アスコルビル、クエン酸)

 

ネルソンズドッグフードの成分

  • 粗タンパク質 29.0%
  • 脂質 13.0%
  • 粗繊維 3.0%
  • 粗灰分 7.5%
  • 水分 8.0%
  • エネルギー(100gあたり) 369.4kcal

 

ネルソンズドッグフードの感想【柴犬・成犬】

まずウチの芝犬が成犬ということで、中型犬、大型犬専用のものであるということ、次に穀物を一切使わないということでワンちゃんの体調管理と栄養素がとてもバランスの良いものであり、かつ原材料の50%が肉類ということでネルソンズドッグフードを選びました。

 

この大きさの犬はそれなりのエネルギー摂取がとても大切だと思いますので肉類がたっぷりと入っていることはとても重要だと思います。

 

私は5kgの大袋サイズを使っていますが、結構大粒でとても食べやすそうにしています。

 

というのも、以前は粒の小さいものを使っていて、丸呑みして喉につまらせたことが何度もあって『危ないなぁ』と思っていました。

 

しかし、この製品にしてからそのようなことはなく、喜んでいっぱい食べてくれる姿に安心しています。

 

また、値段もこの量で7800円とコスパ的にもかなり助かっています。

 

ウチのは一回の食事量が多く、とてもよく食べるのでお財布的にも優しいかと思っています。

 

今までドッグフードにはいろんな不安がありましたがこの製品に変えてからとても安心で満足しています。

 

他の製品でも、それなりの栄養素などが含まれていて良いドッグフードもたくさんありますが、それに準じてやはり値段が高いものが多くて流石に毎日のことなのでそこまで高価なものを手にしにくいというのが本音です。

 

しかし、ネルソンズドッグフードは比較的リーズナブルで栄養価の高さやグレインフリーで穀物を一切使わないという所は、特に他のドッグフードにはないところだと思います。

 

犬は肉食系なので穀物は消化不良などの致命的な体調トラブルにもなりかねないのでこの辺はとても安心で信頼出来るところです。

 

穀物アレルギーのあるような犬にも安心して使えるというのは飼い主にとってもワンちゃんにとってもとても嬉しいことだと思います。

 

他の製品には穀物が少なく配合されていたりするものはありますが、この製品のように穀物含有量がゼロというのはほとんどないような気がします。

 

ウチでは穀物の含まれる製品は特に気をつけてドッグフード選びをしていますので少しでも含まれるような製品は使いません。

 

以前にそこまでドッグフードに関して知識や意識があまりなかった頃に誰もが知っているような一般的な有名メーカーのものを使っていました。

 

「バランスの良い」とか「ペットの健康管理に抜群」などというコピーにひかれて、値段もそこそこ手頃だったので使っていましたが、よく体調を崩したり、食事中にむせたりすることが多かったです。

 

最初は犬の体調のせいかなと思っていました。

 

しかし、友人からアドバイスを受けていたら、ドッグフードの成分などに大きく左右されるということが分かったので、早速その製品の成分などを調べてみたところ、穀物含有量は20%でした。

 

ウチの犬のように一度の食事の量が多い犬には確かに安価で使いやすくはありますが、体調を崩すようなものではダメだと思います。

 

あと、毛並みの方もなんとなく艶がなくなりどこか弱々しい毛になっていたような気がしていました。

 

毛並みもワンちゃんの体調の変化の示唆とよく聞きますので、こういう所も今現在使っているネルソンズドッグフードとは歴然の差があると感じています。

 

ネルソンズドッグフードの詳細へ

 

第四位 アカナACANAシングル

アカナオリジナル

ACANAドッグフードには豆類が豊富に含まれています。ACANAではエンドウ豆、ひよこ豆、レンズ豆は繊維と可溶性炭水化物の健康的な供給源と考えています。遺伝子組み換えは使用していません (GMOフリー)。そのため、AAFCOCFIAFDAなどの高い基準で政府の規制や制限の強いヨーロッパにも輸出されています。

 

» アカナの詳細へ

 

 

商品名 ACANAシングル
カロリー 339,3kcal/100g
参考価格 5,300円 (税込5,830円)
対応犬種/年齢 全犬種/全年齢対応
内容量 2kg
生産国 カナダ産
運営会社 Champion Petfoods
総合評価 A

 

ACANAシングルの原材料

太平洋イワシ(25%), イワシミール(18%), イワシ油(7%), フリーズドライイワシ(0.1%), グリンピース, 赤レンズ豆, ヒヨコ豆, グリーンケール(1.5%), ホウレン草(1.5%), カブラ菜(1%), コールドプレスヒマワリ油, レンズ豆繊維, 緑レンズ豆, イエローピース, バターナッツスクワッシュ, カボチャ, 乾燥ブラウンケルプ, クランベリー, ブルーベリー, チコリー根, ターメリックルート, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ , フェシウム菌(ビタミンEとローズマリーで天然保存)添加栄養素:ビタミンE、亜鉛、銅

 

ACANAシングルの成分

  • 粗たんぱく質(以上) 31 %
  • 粗脂肪(以上) 15 %
  • 粗灰分(以下) 7.5 %
  • 粗繊維(以下) 5 %
  • 水分(以下) 12 %
  • カルシウム(以上) 1.1 %
  • リン(以上) 0.9 %
  • オメガ-6脂肪酸(以上) 2.5 %
  • オメガ-3脂肪酸(以上) 1.5 %
  • DHA (以上) 0.4 %
  • EPA (以上) 0.3 %
  • グルコサミン(以上) 700 mg/kg
  • コンドロイチン硫酸(以上) 900 mg/kg

 

【アカナ】ACANAシングルの感想【柴犬・成犬】

ブリーダー様にお預かりいただいていた頃から(離乳食から)ACANAシングルを食べていた為、身体に異変をきたす心配の無い安心出来るフードだと思いこれまでずっとアカナのシングルです。

 

何かアレルギーを持っていると、複数の材料が混合しているフードだと原因が特定しにくいとブリーダー様からアドバイスを受けました。

 

そのため、イワシのみ、ダックのみといった単体の原材料を使用しているシングルシリーズはアレルギー判断をしやすい最適なフードだと思っております。

 

最初は飽きが来ないよう、豚、鳥等の様々な味をローテーションで与えていたのですが一歳を過ぎた頃から涙やけを起こすようになりました。

 

初めは原因が分からなかったのですが、涙やけが酷い時のフードを与えないという消去法で探った結果、魚を与えると涙やけを起こさないと分かった為に現在はパシフィックピルチャードのみをフードとして与えております。

 

材料がイワシのみというシンプルな商品ですので、今日は少し卵を混ぜて見るなど、トッピングに悩まずに済むのが利点だと思います。

 

昔、実家で犬を2匹飼育していたのですが、当時は田舎という事もあってフードの種類がそう多くなく、選んで購入する事が出来なかったので某有名メーカーのドッグフードを与えていました。

 

食いつきがすこぶる悪かった為に、最終的に魚や肉を煮て汁かけご飯を与えていました。

 

その後、そのフードは与えない方が良いと書籍やネットで目にする事が多くなったので選択肢に入る事はありませんでした。

 

その点、アカナはブリーダー様が自信を持って与えていて、使用しているタンパク源が1種類(シングル)です。

 

  • アレルギー体質である場合にアレルゲンが特定しやすい
  • 外注をせず、全て自社で製造している
  • 冷凍せず常に新鮮な材料を使っている為、製造段階で材料が劣化していない

 

等、パピーにも安心して与える事が出来ると確信し、好物が魚の愛犬にとってパシフィックピルチャードは非常に食いつきが良いのでフードを変えるという選択肢がありませんでした。

 

これからもACANAシングルを与え続けたいです。

 

アカナの詳細へ

 

第五位 ピッコロ

ピッコロ

ピッコロはグレインフリーのため穀物を含まず、炭水化物が大幅に削減されています。小さな口にぴったりのサイズで小型犬向きのドッグフードです。また、必要な給餌量が少なく消化率が高いため、胃に優しく、犬の「うんち」の量が少なくなります。

 

» ピッコロドッグフードの詳細へ

 

 

商品名 ピッコロ
カロリー 約355kcal/100g
参考価格 3,960円
対応犬種/年齢 全犬種/シニア犬(7歳~)
内容量 1.5kg
生産国 イギリス産
運営会社 Symply Pet Foods
総合評価 A

 

ピッコロドッグフードの原材料

骨抜きチキン生肉(29%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)、サツマイモ乾燥サーモン(6%)、チキングレイビー(1%)、チキンオイル(1%)、ジャガイモ、エンドウ豆、アルファルファ、乾燥卵、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン1,780㎎/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1,780㎎/kg、コンドロイチン硫酸1,250㎎/kg、リンゴニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

ピッコロドッグフードの成分

  • 粗タンパク質32%
  • 脂質15%
  • 粗繊維3%
  • 粗灰分9%
  • 水分8%
  • オメガ6脂肪酸2.50%
  • オメガ3脂肪酸0.80%
  • カルシウム1.50%
  • リン1.20%
  • エネルギー(100gあたり)約355kcal

 

ピッコロドッグフードの感想【ポメラニアン・シニア犬】

まずシニア犬専用に考えられたフードということでピッコロを選んでいます。

 

あらゆるドッグフードを試しましたが、中には好みでないらしくあまり食べてくれないフードもあったので、食の好みにあわせつつも、長期に渡って安心して食べさせられるものを選んだ結果がピッコロです。

 

実際にはピッコロのフードだけではなく、何種類かのドッグフードをローテーションしながら与えているような感じです。

 

ピッコロがおすすめな理由は、良質なタンパク質が豊富に含まれている点と、添加物を加えていないという点です。

 

犬は私たち人間よりも体が小さい分、食べ物に含まれる添加物などの影響を受けやすいと思いますので、フードに含まれている成分についてはかなり気をつかっています。

 

また、高齢のシニア犬ですので、運動量も子犬のころに比べて少なくなってしまいます。

 

ともすると栄養過多状態で肥満になりやすくなるということも聞きましたので、なるべく低脂肪かつ栄養な豊富なものとして選んでいます。

 

以前に缶入りのシニア犬用のフードを食べさせていたことがありますが、そちらの商品はチキンがメインで高齢犬用と広告していました。

 

うちの場合はお腹に合わないのか、そのフードを食べさせるとお腹が緩くなってしまいました。

 

その場合はドライフードに切り替えるなどして対応してましたが、そもそもあまり美味しくないのか、あまり進んで食べているように見えなかったこともあり、そちらの商品を継続して購入するには至りませんでした。

 

また同じく缶入りのフードで国内生産を売りにしているものもありましたので、それも挑戦したことがありますが、価格帯的に継続して購入するにはコスパがあまり良くないことと、こちらもあまり好みではないようなので諦めました。

 

うちの場合はシーフード系の素材ベースよりもチキンベースの方が食が合うようで、進んで食べることが多いように思います。

 

また基本的には缶入のものですとお腹がゆるくなる傾向があり、どちらかというと全体的にはドライフードを与えている場合が多いです。

 

ピッコロだけを与え続けているわけではないので、正確にフードの影響と断言することは出来ないのですが、ピッコロを食べた後のうんちは匂いは違うように感じます。

 

恐らくフードに含まれる原材料が違う為、食べたものによって匂いが変わるのだと考えています。

 

ピッコロはどちらかというと匂いが少ないイメージです。

 

また、別のフードを与えたときはうんちが緩くなることがあるのですが、ピッコロを食べているときはそういったことも気になりません。

 

犬によって食べ物の好みも少しづつ変わりますが、うちの場合はピッコロを出す時の方が喜んでいるように見えます。

 

乳製品が大好物なのですが、それにも次ぐほどチキンなどにも目がなく、ピッコロに多く含まれている原材料にチキンと書いてあるので、それが良いのだと思います。

 

ピッコロを食べている時は脇目も振らずという感じで、あっという間に平らげてしまうので、犬の味覚にも非常にマッチしているのだろうと思いながらいつも見ています。

 

 

ピッコロドッグフードの詳細へ

 

 

 

人気記事 【UMAKAドッグフード】ウマカの口コミ評判が悪い?美味華を評価!

人気記事 【ドライフード】国産ドッグフードおすすめランキング【TOP5】